Highlow.com初心者講座

ハイローオーストラリアのクレジットカード入金は便利だけど危険って話

ハイローオーストラリアのクレジットカード入金は便利だけど危険って話
はてなくん
はてなくん
ネットで調べたら『ハイローオーストラリアはクレジットカード入金が最強!』って書いてあった!他の入金方法より優れてるってこと?
トレロ
トレロ
まあ〝便利・お得感〟はクレカが1番あるね。ただ、使いすぎには注意が必要だよ…。

↑上記会話を深掘り。

初心者向けに『ハイローオーストラリアの入金はクレジットカード一択!』などと言ってるサイトもありますが、一旦STOP。

たしかに便利だしお得感もあるんすけど、〝使い過ぎリスク〟を忘れちゃいけません。

  • クレジットカード入金のメリットとは?使えるカードは?
  • クレジットカード入金のデメリットや〝落とし穴〟とは?
  • 安全にクレジットカード入金するために守るべきことは?

↑こういった部分まで、しっかり深掘りした上でハイローオーストラリアを使うことをおすすめしたいなって。

ネットの情報だけを信じて、クレジットカードで破産する初心者を減らすために。

クレジットカード決済の「良いところ」だけではなく「悪いところ」まで、一歩踏み込んだ記事を書きました。

トレロ
トレロ
これからハイローオーストラリアを始めるなら、ぜひ知っておくと良い「リスク管理術」よ。
なお、ハイローオーストラリアにはクレジットカード以外にも入金手段があります。詳しくはハイローオーストラリアの入金方法は3種類!やり方解説【おすすめは?】の記事でまとめましたのでご覧ください。

ハイローオーストラリアでまずはデモ取引!バナー

ハイローオーストラリアはクレジットカードが便利【メリットは5つ】

ハイローオーストラリアはクレジットカードが便利【メリットは5つ】

  1. 入金の反映速度がめちゃくちゃ早い
  2. 土日でも入金手続きが可能
  3. 5,000円から入金できる
  4. 手数料が無料
  5. クレカのポイントまで貰える

↑上記のとおり。

ハイローオーストラリアのクレジットカード入金には、残り2つの入金方法にはないメリットが5つあります。

ハイローオーストラリアの入金申請画面

ハイローオーストラリアで取引するとき、できるだけ〝無駄な出費・無駄な時間ロス〟を防ぐのってめっちゃ大事。クレジットカードなら、ロスのない資金チャージができるって話ですね。

順番に詳しく見ていきましょう。

クレジットカードは入金の反映速度がめちゃくちゃ早い

入金反映までかかる時間
クレカ 即時(数分程度)
銀行振込 その日の午後15時 or 翌日
ビットコイン 数時間

↑上記のとおり。クレカ、まじ速いですw

ようは『取引しようと思ったときに、すぐ行動に移せる』って話。

例えば「経済指標の発表後」など、トレンド発生時にすぐ対応できますよね。『今エントリーすれば勝てる!』ってときに、それが実現できるのはクレカ入金だけです。

逆に銀行振込とかって、手続きしてから反映までめちゃくちゃ時間がかかるんで…。

トレロ
トレロ
なんか、モチベが高いうちに取引したいじゃん?wこれ重要なんよ。

クレジットカードは土日でも入金手続きが可能

土日の入金できる・できない
クレカ
銀行振込 ×(銀行が閉まっているので)
ビットコイン

※土日は、ハイローオーストラリアの取引時間外です。

まあここはそんなに大きなメリットじゃないんすけど、クレカは土日でも入金可能。

『いつでも』ってのがデカい。コンビニだって、24時間営業だから便利なんすよwww田舎に出張行って、20時閉店のコンビニ見たときは『なんて不便なんだ…』と思ったのでねw

クレジットカードなら5,000円から入金できる

クレカ 5,000円から
銀行振込 10,000円から
ビットコイン 5,000円から※値動きあり

↑上記のとおり。

少ない金額からハイローオーストラリアでの取引を始められるのも、クレジットカードのメリットです。

クレカを持ってないと、価格変動のあるビットコインでの入金か、1万円からしか使えない銀行振込をすることに。こういった〝小さなリスク〟まで押さえたいなら…まあクレカが安定w

ハイローオーストラリアは1,000円から取引可能。

初めての方は、5,000円あれば充分すぎるくらいなのでね。

トレロ
トレロ
ハイローオーストラリアの場合〝入金さえしなきゃ失うことはない〟からね。

クレジットカードは手数料が無料

入金にかかる手数料
クレカ 無料
銀行振込 有料
ビットコイン 無料/有料

これはマジでデカいです。

だって、ハイローオーストラリアの初心者であればあるほど入金は「こまめ」にやるから。

1回ごとに、105円ほどの手数料がかかるのが銀行振込の最大のデメリット。10回入金したら、ハイローオーストラリアで1回勝負できる金額ですから…。

クレジットカードは、例えば1日に2〜3回入金しても手数料タダ。

だからこそ、「少額」での入金を徹底できる安心感があるわけです。

トレロ
トレロ
『手数料もったいないし、一気にチャージするか…』ってのが1番危ない。

クレカのポイントまで貰える

ハイローオーストラリアへのクレジットカード入金は「ショッピング扱い」のため、ポイントが貯まります。

どうせなら、ポイントも貯めてしまおうというね…w

ビットコインや銀行振込ではポイント還元などないんで、シンプルにお得です。

トレロ
トレロ
クレジットカードのポイントって、わりと気付かないうちに貯まってて幸福度上がるよねwww
はてなくん
はてなくん
ポイント貯めたいし、やっぱクレカ入金が良さげやね!
トレロ
トレロ
まあちょっと待ち。デメリットというか〝落とし穴〟も理解してからにしな!

【要注意】ハイローオーストラリアクレジットカード入金の〝落とし穴〟

【要注意】ハイローオーストラリアクレジットカード入金の〝落とし穴〟

POINT

  • クレカ入金は「借金」である件
  • 「即時反映」は気を抜くと地獄を見る
  • カードの種類によっては未対応の場合も

↑デメリットはこんな感じです。

クレカ入金を『絶対』とする他サイトの情報には書かれていない落とし穴。

ハイローオーストラリアのクレジットカード入金は、便利だけど他の方法より「破産リスク」がめちゃくちゃ高いんすよ。だってクレカって〝借金〟じゃないすかw
トレロ
トレロ
クレカ信者は、この辺のことをもう少し初心者向けに説明しろって思うんよね…。

クレジットカード入金は「借金」である件

  • 借金してまでパチンコ
  • 借金してまで競馬
  • 借金してまでハイローオーストラリアに投資

↑こう並べると…ヤバい匂いがするでしょ?w

ようは使い過ぎたらダメっていう〝意識〟が重要って話ですよね。

僕もですね、大学生の頃はじめてクレジットカードを持ったとき、『無限に金がある』ような錯覚に陥ったのを覚えています…wハイローオーストラリアは「余剰資金」でやりましょう。
トレロ
トレロ
無理のないように入金するには、銀行振込とかの方が安全なのは言うまでもない…。

クレジットカードの「即時反映」は気を抜くと地獄を見る

  1. アツくなって追加チャージ
  2. 即時反映で即・エントリー
  3. 負けが嵩んで借金地獄

↑はい。オワコンパターン。

誰だってイライラすることはあるだろうし、それが原因で金を使いすぎるリスクもある。

実際、クレカで借金に陥った方も…↓↓

クレジットカードを使うと、このパターンの破産がめちゃくちゃ現実的になるんすよ。むしろ借金しないためにクレカを捨てた投資家もいるレベルでして…危険性はダントツです。

そもそもクレカ会社って「使いすぎる人」のおかげで儲かってんすよねw

即時反映でどんどん金を溶かし、リボ切り替えして手数料地獄…とか、絶対ヤバいですもんね。

トレロ
トレロ
ハイローオーストラリアでクレジットカード入金していいのは、自制心を持って資金管理できる人だけよ。

クレジットカードの種類によっては未対応の場合も

↑上記のとおり。

ハイローオーストラリアでは、入金に使えないクレジットカードも結構多いです。

海外業者なんで、まあ仕方ないのですが…。

※今お持ちのカードが使えるかどうかは、実際にハイローオーストラリア公式サイトで確認してください。事実として、以前は使えたJCBのカードが使えなくなる、などの変更もあったのでね。

»タップでハイロー公式サイトへ

ハイローオーストラリアで使用できないクレジットカード一覧

ハイローオーストラリアで使用できないクレジットカード一覧

  • 楽天カード
  • 三井住友(SMBC)カード
  • デビットカード・プリペイドカード
  • JCB・AMEXカード
  • 3Dセキュア非導入カード

↑こんな感じ。

かなり多いんすよね。使えるのは上記を除くVISAとMasterCardのみです。

ちなみに、たまに『VISAなのに使えない!なんで!?』って方がいますが、発行元が三井住友だったりするんすよ。楽天・三井住友は投資には使えないカードなので注意してくださいな。
はてなくん
はてなくん
なんでこんなに使えないカード多いの!?
トレロ
トレロ
そもそも日本では、投資・資産運用へのクレカ使用は全面禁止なんよ。ハイローオーストラリアは海外業者だから、一部のみ許されてるってのが真実。

ハイローオーストラリアにおすすめのクレジットカードは?

  • エポスカード
  • イオンカード
  • オリコカード

↑この辺がメジャーですね。

特に、最近ではエポスカードの利用者が増えているみたいです。

エポスカードはポイント還元率が0.5%と高く、年会費無料。日本で知名度を上げており、スタバや出前館などで優待が受けられるのが人気の秘訣みたいですね。

もしハイロー用のクレカをお探しなら、1枚持っておけば安心。

以下にリンクを置いておくので必要な方はどうぞ↓↓

\入会金・年会費無料/

クレジットカード入金する場合の〝使いすぎ〟防止策

  • カードに上限金額を設定する(おすすめは10万円)
  • 掛け金は1,000円をキープ
  • 銀行入金もできるようにしておく

↑こんな感じですね。

というか心配な方は、カード発行時に上限金額を定めるしかないと思います。

事実、僕は現在使ってるクレカの上限を10万円にしてます。これ以上使うことはほぼないですが、万が一給料カツカツになったら終わりですから…w

また、ハイローオーストラリア初心者はクレジットカードではなく銀行振込から始めるのもおすすめ。

1万円から・手数料ありなどのデメリットはあれど、〝使い過ぎリスク〟は圧倒的に少ないですからね。

トレロ
トレロ
ようは『使うべき入金方法なんて、人による』って話。
はてなくん
はてなくん
なるほど。『クレカが最強!』って言ってる奴は、少し不親切ってことが分かったわw

まとめ|ハイローオーストラリアのクレカ破産に注意

では、本記事の内容をまとめますね。

POINT

  • ハイローのクレカ入金はメリットが多く「便利・お得」
  • ただし〝使い過ぎリスク〟は圧倒的に高く借金地獄の恐れあり
  • 使えないカードもあるので注意、銀行振込の方が安全性は高い

↑こんなところです。

僕は現在、ほぼ100%クレジットカードで入金してます。

ただ、これから始めるあなたに〝思考停止〟でクレカを使えとは、流石に言えないかなーと。

まだ取引の勝率も安定してない中で、「いつでも使えるクレジットカード」が手元にあると…まあよほど自制心が強くない限り使い過ぎて後悔しますw

上達するまでは銀行振込で使い過ぎを防止するなど、必要に応じて使い分けてくださいな。

また、ハイローオーストラリアにはデモ取引もあるんで、まずは無料で練習を。

とにかく〝破産しない〟ことを前提に、少しずつ取引していきましょう。

ハイローのデモ取引
ハイローのデモ取引

  • 登録前から使い放題
  • 仮装マネー100万円・リセットOK
  • デモで勝てれば本番でも勝てる!

»タップで公式サイトへ

それじゃ、本記事は以上です。

お互い、ハイローオーストラリアでの取引を安全に頑張っていきましょう( ´ ▽ ` )

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。