Highlow.com初心者講座

ハイローオーストラリアはスキャルピング禁止!NGである3つの理由

【注意】ハイローオーストラリアはスキャルピング禁止!3つの理由
はてなくん
はてなくん
ハイローオーストラリアで、スキャルピングは使えるかね?
トレロ
トレロ
おっ!FX経験者だね!?でも残念。ハイローオーストラリアはスキャル禁止なんだよね…。
本記事のPOINT

  • ハイローオーストラリアにおける「スキャルピング」とは
  • ハイローオーストラリアがスキャルピングを禁止している3つの理由
  • 規則を守りつつ、スキャルピング的な取引をしたい人向けの方法3選

こんにちは、トレロです。

3年前に始めたFXで合計300万円近くを失い、逃げるようにHighlow.com(ハイローオーストラリア)へ。

現在は、月10万円ほど稼げる副業トレーダーになりました。

最近僕が使ってる「パーレー法」で稼ぎたい方向けにバイナリーオプションでパーレー法を試したら最強だった!10万勝ち報告の記事も用意してます。もし良ければ、リンク先の記事も読んでみてください。

『ハイローオーストラリアでも、スキャルピングができるのでは!?』と考えているあなたへ。

実は、僕も始めのうちは全く同じことを考えてました。

しかし、オーストラリアはスキャルピングを明確に禁止。うかつに手を出すと口座開設される恐れがあり、避けるのが無難です。スキャルピングはFXでは主流なんですけどね・・・利益安定しますし。

あと、平気で『スキャルピングで稼げるよ!』などと嘘をつくサイトも多いのでこの記事で注意喚起したいなって。

本記事では、なぜハイローオーストラリアでスキャルピングが禁止なのか、その理由も解説。

さらに、規則の範囲内でできるスキャルピングに近い取引方法についても深掘りします。

トレロ
トレロ
FXの経験・興味がある人は、この記事の内容がけっこう役立つはずだよ。

ハイローオーストラリアにおける「スキャルピング」とは?

ハイローオーストラリアにおける「スキャルピング」とは?

  • 短時間で、
  • 少額の利益を、
  • 繰り返しかすめ取っていく取引方法のこと

上記のとおり。

「スキャルピング」とは、日本語で『薄皮を剥ぐ・皮剥き』の意味。

ピーラーで皮剥きをするように、薄い利益を繰り返し取っていく。短時間特化型の取引のことを指します。

スキャルピングをするメリット

  • 短時間なので、相場の大きな変動の影響を受けない
  • 急激なトレンド発生などの影響を受けない
  • 負け額も少なく済み、リスクを抑えた取引が可能

こんなところでしょうか。

いわゆる「薄利多売」ってやつですね。

1発10万円の利益を狙うのは、それ相応にリスクもありますよね。いっぽうスキャルピングならば1回1000~2000円の利益・損失で済みますし、チャンスがきたら一気に攻めることも、相場が荒れているなら様子見することも自由自在。

1回のリターンは少ないものの、回数でカバー可能。

一方リスクは、上げてしまったら元には戻しづらいんですよね。

スキャルピングは「ローリスク・ローリターン」型であることから、初心者向けの取引手法と言えます。

ハイローオーストラリアでは「連打取引」もスキャルピングに該当

連打取引とは、チャンス相場のときに、エントリーボタンを連打する取引方法のことです。

Highlow.comで連打取引をしている画面(※デモトレードです)

例えば、上記画像のようなエントリーの仕方。

明らかに「上向き」のチャートなんで、「High」に賭けまくれば大きく勝てるという簡単な話です。

※上記画像はデモ取引画面です。

※ハイローオーストラリアでは連打取引もスキャルピングと同様に扱われます。

※口座凍結の対象となる恐れがあるので、本番では控えること!

スキャルピングの3要素

  • 少額
  • 短時間
  • 連続エントリー

上記の3つを満たす取引は、ハイローオーストラリアではスキャルピングに分類されると覚えておきましょう。

トレロ
トレロ
エントリーボタン連打は、不正扱いされる危険性がめちゃくちゃ高いからね。

ハイローオーストラリアはスキャルピング禁止です!

ハイローオーストラリア公式サイトの「契約条件」の欄に、しっかりと明記されてます。

Highlow.com契約条件の「禁止行為」の欄に、スキャルピングについて言及されている箇所があります

禁止行為とは、以下の事項を含みますが、これらに限定されるものではありません:
(p) スキャルピングのような異常な売買もしくは取引量の急激かつ重大な変化と発行者が考える事態に関係する取引パターン
Highlow.com契約条件より引用

上記のとおり。

違反が発覚すれば口座が凍結。

以降の取引ができないどころか、資金の移動も不可能になってしまいます。

【補足】他にも禁止行為はたくさんあります

  • シグナル配信など、第三者の助言を受けてのエントリー
  • 自動売買ツールなど、口座保有者以外の手によるエントリー
  • 1人が複数の口座を保有し取引すること

配信者とか、ツールの販売者とか、絶対に信じちゃダメって言われてるのはこれが理由。

ハイローオーストラリアの場合、スキャルピングを推奨している人も同様にスルー推奨のホラ吹き野郎ってことです。

トレロ
トレロ
騙されないために、公式サイト最下部の「契約条件」は絶対に確認しておいたほうがいいよ。

【納得】ハイローオーストラリアがスキャルピングを禁止している理由

【納得】ハイローオーストラリアがスキャルピングを禁止している理由

  • サーバー負荷がかかりすぎる
  • 連打取引による莫大な損失を避けるため
  • 転売機能を使った不正をさせないため

上記3つの理由が存在。

結論、スキャルピングは禁止されても仕方ない手法なんですよね。

トレロ
トレロ
FXとは違って、ハイローオーストラリアはスキャルピングが天敵中の天敵なんだよね。

ハイローオーストラリアがスキャルピングを禁止している理由①サーバー負荷がかかりすぎる

短時間に多数のエントリーが重なると、サーバーに過負荷がかかり全ユーザーの取引に影響が出ます。

最悪の場合、ハイローオーストラリアのサーバーが落ちてしまう事態に。

スキャルピングをした人だけでなく、世界中の投資家がエントリーできなくなってしまうんですよね。

過去、ハイローオーストラリアはサーバーが負荷に耐えられず落ちてしまったことが何度かあるそう。当然投資家たちは怒り、中には解約してしまった人もいるんで…顧客を逃したくないハイロー側としては、スキャルピングを禁止するのが当然なんですよね。

あまりにも間髪入れずにエントリーしようとすると、エラーとなります

スキャルピング禁止のためのエラー通知文のアップ画像です

上記のように、あまりにも連続的なエントリーはエラーとなります。

スキャルピングはサーバーに高い負荷をかけるため、ハイローオーストラリアから最も嫌われる取引ってことですね。

トレロ
トレロ
まあ、店を荒らされているようなもんだからね。

ハイローオーストラリアがスキャルピングを禁止している理由②連打取引による莫大な損失を避けるため

スキャルピング(連打取引)を許してしまうと、ハイローオーストラリアが倒産する可能性がグンと高まるんです。

なぜならハイローの取引ルール上、連打取引がめちゃくちゃ有効だから。

Highlow.comで連続取引をして、一気に利益を出しまくった画像(デモトレードです)

上記のとおり。

連打取引が上手くハマると、爆発的に稼げるんです。

狙い目の相場でだけ連打取引でスキャルピングされてしまうと、僕ら投資家がいくらでもお金を稼げてしまう状態。当然ハイローオーストラリアも企業なんで、全員に勝たれてしまったら潰れます。

ハイローオーストラリアは自社の運営を存続するため、スキャルピングを禁止しているんですよね。

トレロ
トレロ
ハイローがスキャル禁止なのは、最低限の運営費用を確保するためなんだよね。

ハイローオーストラリアがスキャルピングを禁止している理由③転売機能を使った不正をさせないため

使い方によっては、ハイローオーストラリアの転売機能もスキャルピングと捉えることができてしまいます。

転売とは、つまり「途中決済」のこと。

明らかに負け濃厚の勝負の時に、転売を使うことで少しだけ損失を抑えられるという素晴らしい機能。

Highlow.comでは、3分超えの取引に転売機能がつきます

しかし、「転売」がズルいやり方で活用され始めました。

転売を使ったスキャルピングの手順

  1. 15分や1時間などの長時間取引でエントリーする
  2. 少しでも利益が出たところで転売を使い、決済
  3. すると再びエントリーができるようになる

上記のとおり。

長時間取引はわりと予想しやすいのですが、取引回数が少なくなることがネックでした。

しかし転売を使うと、長期トレードなのに何度でもエントリーができてしまい、これがハイローオーストラリアからすると困るわけですね。

トレロ
トレロ
転売は「負け」を減らせる機能。スキャルピングのために使う機能じゃないってことだね。

ハイローオーストラリアで合法的にスキャルピング取引する方法

ハイローオーストラリアでスキャルピング取引する方法

  • Turbo取引は仕様がスキャルピングに近い
  • 連打取引ではなく、1回の掛け金で調整しよう
  • 両建てエントリーでもスキャル的な稼ぎ方ができます

ハイローオーストラリアでスキャルピングは禁止ですが、「スキャルピングに近い取引方法」を模索することは可能です。

勝率アップのため、覚えておいて損はないかなって。

ハイローオーストラリアのTurbo取引は仕様がスキャルピングに近い

ハイローオーストラリアには最短30秒の「超短期取引」があるので、スキャルピングに近い取引がもともとできるんです。

Turbo30秒取引の画面

ハイローオーストラリアでは、日本では禁止されてしまった短期取引が可能。

世界では主流のルールであるTurbo取引を、日本人向けに提供していることで人気に火がつきました。

Turbo取引の分類

  • 30秒取引
  • 1分取引
  • 3分取引
  • 5分取引

上記のように、短時間で勝敗が決まる取引。

スキャルピングのような「連打」はダメですが、短期取引で稼いでいくことはOKです。

トレロ
トレロ
連打さえしなければ、短期取引でコツコツ稼ぐのは全然OKだからね。

ハイローオーストラリアはスキャルピングではなく、1回の掛け金で調整しよう

連打エントリーはアウトですが、1回の掛け金は上げることができます。

ハイローオーストラリアでは、1回20万円まで掛け金アップが可能。

つまり1,000円~5,000円で連打取引するくらいなら、一括で払ってしまえばいいってこと。

5,000円取引を5回連打して25,000円分取引する行為は禁止行為(スキャルピング)に当たる恐れがあります。

いっぽう、掛け金を25,000円にして1回エントリーするだけなら、通常プレイの範疇なので何ら問題ありません。

チャンス相場がきたら、連打ではなく掛け金アップで対応。

もちろんリスクは高まりますが、禁止行為と見做され口座凍結されるよりはいいかなーって(笑)

両建てエントリーでもスキャルピング的な稼ぎ方ができます

※すみません、ハイローオーストラリアではスキャルピングと同様、「両建て」も口座凍結の対象となるようですm(_ _)m

※一応説明しますが、やり過ぎは厳禁かも。自己責任でお願いいたしますm(_ _)m

両建てとは?

  • 一度に「High」と「Low」の両方にエントリー
  • どちらかが的中する
  • ペイアウト率が高いHighlow.comでは、少しずつ利益が出る

上記のとおり。

実際にやってみましょう。

ペイアウト率が2.0倍を超えている、Turboスプレッド取引で実践するのがコツです。

Turboスプレッド取引で両建てでエントリー

両建てすれば、High/Lowどちらかが高確率で的中するので、利益が出ます

  • 勝ち:1万円 → 2.2万円
  • 負け:1万円 → 0円
  • 収支:プラス2,000円

少額の利益を安定して稼ぎたい場合、両建てはアリ。

連打はダメですが、1回ずつHighとLowにエントリーするのは問題ないんで、覚えておくといいですよ。

【追記】
2021年11月現在、ハイローオーストラリアでは両建てエントリーもやりすぎると口座凍結の対象となるようです。1〜2回なら僕自身もやってますし、特に問題はないと思いますが、自己責任でお願いしますm(_ _)m

»デモ取引で試してみる

まとめ|ハイローオーストラリアのスキャルピング

  • Highlow.comでは、スキャルピングは禁止です
  • 一気に何度もエントリーする「連打取引」も、スキャルピングだと見なされます
  • 口座凍結されるケースもあるので、スキャルは使わないほうが無難
  • 不当に稼がれるとHighlow.com側が困るので、禁止されている状態
  • 代わりにTurbo取引や両建てなどの方法を使い、コツコツと利益を狙うことは可能です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。